2007年04月29日

狼人間、ビル、ルーピン

 さてさて、気になるのは狼人間についてです。ビルは6巻ラストで狼人間フェンリール・グレイバックによってひどい傷を負いました。
「(略)ところが、連中は通常の社会を避け、周辺で生きてきた。盗んだり――ときには殺したり――食っていくためにね」
6巻下p20

 6巻で狼人間の社会、もっとも凶悪な狼人間グレイバックのやり方などが明らかになりましたが、ビルの場合だけは特殊な例となってしまったようです。満月ではなく、変身していなかったグレイバックに噛まれたため、完全な狼人間にはならなかったのです。しかし「狼的な特徴を持つ(6巻下P447)」とルーピンがいうように、ハンサムだった顔はひどく切り裂かれて不気味になり、ムーディに似ているらしく、ステーキのレアを好むようになったといいます。

続きを読む

2007年04月23日

スネイプの情報

 スネイプは二重スパイとしてどちらの側に本当についているかは最終巻まで待たないと明らかにはなりませんが、スネイプが死喰い人側に与えた情報について気にかかるところがあります。

続きを読む
※コメント・TBについて
内容に関係のないコメント・TBは予告無く削除します。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。