2007年06月25日

『みんな集まれ!ハリー・ポッター7前夜祭』



『みんな集まれ!ハリー・ポッター7 前夜祭』
マグルネット(MuggleNet.com)著 岩下慶一/森マサフミ:訳
内容についての詳細を見る → 出版文化社 

 最終の7巻発売まであとわずか。世界最大のファンサイト、マグルネットの考察をまとめた本が翻訳され出版されました。これまでの既存の巻、作者のインタビューなどを微細に渡って検討して生まれた考察はどれも読み応えがあります。ハリー・ポッターを読む楽しみは考察だ!と改めて感じさせてくれることは間違いありません。

続きを読む
posted by kmy at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ブログ用ゲーム

 ハリー・ポッター映画サイトで配布しているブログ用のゲームです。呪文にあわせて杖を振る。なかなか難しい。楽しんでみてくださいね。
ゲームをする

2007年06月06日

スネイプとリリー

 5巻でスネイプ先生はペンシーブでハリーに学生時代の記憶を見られてしまいました。そこでの光景は逆さ吊りになったスネイプ先生の屈辱の場面、からかうジェームスたち4人組、かばうリリーの姿でした。この場面により連想されることとして「スネイプはかばってくれたリリーが実は好きだったのではないか?」という説を読んだことがあります。もしかして、スネイプ先生はリリーが好きだった?

続きを読む

2007年06月01日

リーマス・ルーピンの境遇

 不死鳥の騎士団はいわば「非営利団体」で、そこに属しているからと言ってなんらかの報酬をもらえるわけではないように感じます。最強の闇の魔法使いを倒す組織は給料制で運営しているのではなく、大きな任務として、いわば、ボランティアで戦っているといえます。そこで気になるのは不遇なルーピン。ルーピン以外のものはほとんど定職についていて、他から給料をもらっているようですが、ルーピンはこれといえる職についている雰囲気はありません。だからかもしれませんが、6巻では狼人間の仲間のところに潜伏して探りを入れていたようです。これでは余計に職に就くことはできませんし、ローブもかばんもぼろぼろになる一方です。

続きを読む

ハリー・ポッターのテーマパーク

 車の運転中に聞いていたラジオのニュースで「ハリー・ポッターのテーマパークが建設される」と流れて気になりました。ということは、ダイアゴン横丁で杖やローブを買ったり、ホグズミードでお菓子を買ったり? もしかして、ヴォルデモートとの最終対決(まだどうなのかわからないけど)も体験出来ちゃったり? 

続きを読む
posted by kmy at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※コメント・TBについて
内容に関係のないコメント・TBは予告無く削除します。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。