2006年06月10日

秘密の守人、忠誠の術

 3巻で出てきた「秘密の守人、忠誠の術」。5巻でグリモールド・プレイス12番地にかけられたという内容が出てきましたが、はゴドリックの谷のポッター家にかけられた「忠誠の術」はどうなったのだろう?と気になって考えてみました。

続きを読む
posted by kmy at 19:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 呪文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

Horcux「ホークラックス」語源・意味(6巻)

 Horcuxの語源について調べてみました。MuggleNetの記述を参考にしながらまとめてみました。続きを読む
posted by kmy at 16:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 呪文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

OWLレベルの魔法薬

 5巻は何かといいことがないハリーです。そして読者にとってもハリーの気持ちになってみればハリーと一緒にいらつき、不安になり、ハリーを客観的に見てみるとハリーの言動にあきれたりいらついたりと、なんだか落ち着かない気分になります。そういう気分を本当に感じるというのは、それだけ物語が表面的ではなく、内面にまで作用する力をもっているということなのかもしれません。そんなハリー、自分自身を客観的に見るというのは難しかったと思いますが、スネイプ先生は実はそのあたりを考慮していたのかも?と感じるのが「安らぎの水薬」。

続きを読む
posted by kmy at 16:48| Comment(4) | TrackBack(1) | 呪文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

ふくろう便の「詳細な」宛て先

 1巻でハリーが山のようなふくろう便を受け取りましたが、どの手紙にもきちんとした住所が詳細に書かれていました。ふくろう便の宛名書きはかなり詳細に書かれていましたが、手紙の宛名について気になることが出てきましたので、少し考えてみることにしました。続きを読む
posted by kmy at 15:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 呪文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

「アロホモラ!」

 ホグワーツに入ってすぐの一年生魔法使いでも使える呪文「アロホモラ!」これを使えば鍵のかかったドアを開けることができます。(1巻 P235) ハーマイオニーの呪文で三頭犬のいる廊下への鍵はいとも簡単に開いてしまいました。それでは鍵の意味はあるの、と言いたくなってしまます。続きを読む
posted by kmy at 09:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 呪文等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※コメント・TBについて
内容に関係のないコメント・TBは予告無く削除します。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。