2008年08月24日

ヴォルデモートとハリーと杖

 7巻を読み直しては考えているのですが、まだまだよくわからないことがあります。ハリーの杖の力についてです。

 ヴォルデモートは自身の杖、ルシウスの杖でハリーを攻撃したものの、失敗したために、より強力な杖を求めました。それが無敵の杖といわれる伝説の杖「ニワトコの杖」です。しかし、35章のダンブルドアの説明によると、ハリーの不死鳥の尾羽の入った杖は、ヴォルデモートの杖の力と資質の一部を吸収したらしい(下巻P487)のです。ハリーの本来の杖はヴォルデモートに対してのみこうした効果があったというのです。ということは、もしあのハリーの杖が壊れていなければ、どの杖でも(ニワトコの杖でも)ハリーを殺そうとしても結果は失敗に終わったのでしょうか? ハリーの杖が壊れなかったら、ヴォルデモートは攻撃することができない=ハリーが分霊箱となって保存している魂を消滅させることができないということになってしまいます。それでは、決着がつかなくなってしまいます。

 ダンブルドアはヴォルデモートが別の杖を求め、最終的にニワトコの杖を求めることを予想していました。ということで、これは、ニワトコの杖という強力な力をもった杖だけは、ハリーという分霊箱を破壊する力(ハリーを一度殺す状態)を持つとわかっていたのかもしれません。最終的にヴォルデモートがニワトコの杖を持ち、それで攻撃をするということまで予測していたのかもしれません。当初の計画では、ダンブルドアは杖の忠誠心を自分のなかに止めたまま死ぬつもりだったようです。その後、ヴォルデモートは杖を所有したとしても真の使い手にはなれませんが、分霊箱を破壊する力だけは発揮するとダンブルドアは考えていたのかも、とも思います。ニワトコの杖だけは、こういう特別な力を発揮したかも?と思いつつも、真の持ち主ではないヴォルデモートが使ったということで、それもいまひとつ説得力がない気がします。

 または、ヴォルデモートが分霊箱としてのハリーを攻撃して、自身の魂を消滅させるということは、まったくニワトコの杖とは関係ないことなのかもしれません。34章で自分自身が死なねばヴォルデモートも死なないと悟ったハリーが、死の呪文を受け入れたという状態なのかもしれません。そうなると、他の杖でも出来そうな感じです。たとえばルシウスの杖でもできたのかも?

 ダンブルドア自身にも完璧な計画があったわけでもなく、復活の際にハリーの血を使ったこと、ニワトコの杖の忠誠心が意図とは違って移ったことなどがあったので、その様々な状況をあわせてうまくいった、という感じなのでしょうか。

 ニワトコの杖が34章での攻撃のときには、すでにハリーに忠誠心を感じていたのでしょうか。ハリーを真の所有者と杖がみなしていたからこそ、ヴォルデモートの魂の断片だけを攻撃して破壊したのかもしれません。リリーの護りがヴォルデモートに入ったからハリーは死ななかったとありますが、結局ヴォルデモートにまったく勝ち目なかったように思えてきました。4巻でリリーの血を入れたため、ハリーが死なないことになっているようなのですが(ハリーの分霊箱のような感じがしますすが、意味合いが違うのですよね)、ヴォルデモートが生きている限りハリーが死なないことになってしまいます。やっぱりヴォルデモートが本当のニワトコの杖の持ち主だったとしても、勝てない気がします。あの状況でヴォルデモートが勝つ可能性はまったくなかったのでしょうか? ヴォルデモートが勝つという方法があったのかどうか、気になっています。ハリーを誰か別の人に攻撃させるべきだった?のでしょうか。
posted by kmy at 19:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

【ネタばれ】7巻感想 その1

 7巻の感想を少しずつ書いていきます。なかなかまだしっくりとまとまらない部分が多々ありますが。
 ネタばれ記事も通常に読めるようになっています。未読の方はご注意を!(2008/1/7修正)
続きを読む(ネタばれ注意!)
posted by kmy at 09:41| Comment(17) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

『みんな集まれ!ハリー・ポッター7前夜祭』



『みんな集まれ!ハリー・ポッター7 前夜祭』
マグルネット(MuggleNet.com)著 岩下慶一/森マサフミ:訳
内容についての詳細を見る → 出版文化社 

 最終の7巻発売まであとわずか。世界最大のファンサイト、マグルネットの考察をまとめた本が翻訳され出版されました。これまでの既存の巻、作者のインタビューなどを微細に渡って検討して生まれた考察はどれも読み応えがあります。ハリー・ポッターを読む楽しみは考察だ!と改めて感じさせてくれることは間違いありません。

続きを読む
posted by kmy at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

両面鏡

 5巻でハリーは「それが何であれ、決して使わないだろうと思った」(5巻下P166)としまいこんでしまった両面鏡。シリウスはアーチを通っていたたとき持っていなかったのかもしれない(5巻下P679)とハリーは考えていました。この鏡は今後も何か重要な場面で役に立ちそうな気がしますが、アーチの向こう側がどうなっているのか謎であるので、それが使えなかったのかもしれません。でも、実際のシリウスは「持っていた」と思います。あれだけハリーのことを考えていたシリウス、ハリーが連絡を取りたいときはいつでも、と持ちあるいていたに違いない、そう思います。いつでも、いわば携帯電話のような感じでシリウスは持っていたと思うのです。
 ハリーに危険が迫って魔法省に向かう途中、もしかしたら、シリウスの方から鏡を取り出して連絡を取ろうと覗きこんだかもしれない――と思いました。魔法省に行ったというハリー、なぜ自分に連絡はくれないのか、何が起こったのか? シリウスとしてはハリーがたぶん常に持ち歩いてくれていると思っていたように感じます。もし、連絡を取ろうとしたら鏡が感知して光るのか、熱くなるのか、そのあたりはよくわかりませんが、とにかくわかるのでしょうね。シリウスがハリーに連絡を取ろうと試みたなら、応答がない鏡をシリウスは見つめていたかもしれません。ハリーが持っていないのはたまたま、と思ったかもしれないけども、持っていなかったこと、なんだか自分だったらきっと引っかかってしまいそう。なんだか悲しいなあ。

 7巻で両面鏡は登場するのでしょうか? あれで終わりということはないと思います。何か役立つのではないか、しかもやはりシリウスに関係があることに使われるのではないか?と希望を持って7巻を待っています。
posted by kmy at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

"Harry Potter and the Deathly Hallows"



【予約】Harry Potter and the Deathly Hallows UK版 Adult Edition (ハードカバー)


 いよいよ発売日が決定! 原書は2007年7月21日発売予定だそうです。アマゾンではUK版が¥ 3,141、US版が¥ 2,666だそうです。これでいよいよラスト。どうなるのでしょうか。楽しみでもあり、残念でもあります。
posted by kmy at 20:57| Comment(18) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

グリモールド・プレイス12番地(6巻)

 6巻ラストまで来て気になったのが不死鳥の騎士団本部として使われていた「グリモールド・プレイス12番地」ことシリウスの生家です。

続きを読む
posted by kmy at 11:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

シリウスの杖とアズカバン

シリウス・ブラック 魔法の杖 Sirius Blacks Wand
シリウス・ブラックの魔法の杖レプリカ 

 シリウスについて検索していたら「シリウスの杖レプリカ」がヒット! シリウスって自分の杖を持っていたのだと改めて気がついたのでした。アズカバン収監者と杖についてちょっと考えてみました。

続きを読む
posted by kmy at 15:08| Comment(4) | TrackBack(1) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

4巻再読:三校対校試合のカンニング

 4巻のメインイベント、三校対校試合は夥(おびただ)しい死者が出たとかで、長年行なわれていなかったということです。その理由はカンニングしなかったら死んじゃった、ということのように思えてしまいます。


続きを読む
posted by kmy at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

カレンダーの謎その1:クィディッチ開幕時期

 サイトで物語世界のカレンダーを作っていますが、なかなか物語と現実がぴったり一致するかといえば、まったく一筋縄では行かないのでうーん、悩んでしまいます。そんなわけでしばらくそのままになっていたカレンダーをまた見直して、今のサイトに合うように配色などを変更しています。まだ作成途中ですが、先日メールにより指摘いただいて(※1)、再度読み直してみましたところ、ハリーが一年生の時のクィディッチ開幕戦の日が間違っていることに気がつきました。
 以前の考えではハロウィーンの後のある土曜日ということで、第三週目の17日(土)としておりました。しかしながら、ご指摘いただいたこととあわせて読み直して考えてみますともう少し早い時期になります。



続きを読む
posted by kmy at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

魔法界とマグル界の関わり

 SAKURAさんから頂いた考察「気になる邦訳表現と魔法界の本の謎」と「魔法使い、キリスト教、暦について複合考察」をサイト内に掲載しました。
 続きを読む
posted by kmy at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※コメント・TBについて
内容に関係のないコメント・TBは予告無く削除します。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。