2007年07月23日

最終巻発売


(ニュースにネタばれはありませんが、先入観なしで読みたい方は読まないほうがいいかも?)

 いよいよ発売されました第7巻。6巻と比べて本の厚みがほんの少々薄いです。辞書のような重量感は相変わらずではありますが。
 さて、気になる日本語版は7/23朝のニュースで「来年夏」と報じられておりました。

 英語版を購入された方はブログ「ハリー・ポッター7巻を英語で読もう」をお勧めいたします。こちらはネタばれを目的としたものではなく、章別での概要、気になる英語表現などについて解説していかれる予定だそうで、とても頼りになります。イギリスに固有のものや、婉曲な表現などで悩むときにはとてもお役立ちです。

 英語力に自信があるわけではないのと、最後ということでじっくり文章を追っていきたいのとでコメント・TBを停止しております。また読み終えてからサイト内で感想やこれまでとのつながりなどについて思うことなど、UPしていきたいと思います。原書を読まれるみなさん、どうぞお楽しみください。日本語版をお待ちのみなさんには、ネタばれへの配慮を怠らないように心がけたいと思います。

2007年07月16日

Harry Potter and the Deathly Hallows

0747591059Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
J.K. Rowling
Arthur A. Levine Books 2007-07-21

by G-Tools



 2007/7/21 "Harry Potter and the Deathly Hallows"が発売になります。作者が公式サイト で話しているように、「ネタばれは本を読む楽しみが少なくなる」に同感です。ということで、しばらくはブログ・サイトとも更新を停止し、楽しく、驚きながら読みきりたいと思います。読了後のネタばれにも配慮しますので、よろしくお願いします。
 コメント・TBとも停止します。ご了承ください。
posted by kmy at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

『みんな集まれ!ハリー・ポッター7前夜祭』



『みんな集まれ!ハリー・ポッター7 前夜祭』
マグルネット(MuggleNet.com)著 岩下慶一/森マサフミ:訳
内容についての詳細を見る → 出版文化社 

 最終の7巻発売まであとわずか。世界最大のファンサイト、マグルネットの考察をまとめた本が翻訳され出版されました。これまでの既存の巻、作者のインタビューなどを微細に渡って検討して生まれた考察はどれも読み応えがあります。ハリー・ポッターを読む楽しみは考察だ!と改めて感じさせてくれることは間違いありません。

続きを読む
posted by kmy at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ブログ用ゲーム

 ハリー・ポッター映画サイトで配布しているブログ用のゲームです。呪文にあわせて杖を振る。なかなか難しい。楽しんでみてくださいね。
ゲームをする

2007年06月06日

スネイプとリリー

 5巻でスネイプ先生はペンシーブでハリーに学生時代の記憶を見られてしまいました。そこでの光景は逆さ吊りになったスネイプ先生の屈辱の場面、からかうジェームスたち4人組、かばうリリーの姿でした。この場面により連想されることとして「スネイプはかばってくれたリリーが実は好きだったのではないか?」という説を読んだことがあります。もしかして、スネイプ先生はリリーが好きだった?

続きを読む

2007年06月01日

リーマス・ルーピンの境遇

 不死鳥の騎士団はいわば「非営利団体」で、そこに属しているからと言ってなんらかの報酬をもらえるわけではないように感じます。最強の闇の魔法使いを倒す組織は給料制で運営しているのではなく、大きな任務として、いわば、ボランティアで戦っているといえます。そこで気になるのは不遇なルーピン。ルーピン以外のものはほとんど定職についていて、他から給料をもらっているようですが、ルーピンはこれといえる職についている雰囲気はありません。だからかもしれませんが、6巻では狼人間の仲間のところに潜伏して探りを入れていたようです。これでは余計に職に就くことはできませんし、ローブもかばんもぼろぼろになる一方です。

続きを読む

ハリー・ポッターのテーマパーク

 車の運転中に聞いていたラジオのニュースで「ハリー・ポッターのテーマパークが建設される」と流れて気になりました。ということは、ダイアゴン横丁で杖やローブを買ったり、ホグズミードでお菓子を買ったり? もしかして、ヴォルデモートとの最終対決(まだどうなのかわからないけど)も体験出来ちゃったり? 

続きを読む
posted by kmy at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

グッズを眺めて

 グッズにはほとんど縁がない。学生だったらローブとか杖とか買っていそうなのですが、ちょっとそういう年ではないので(汗)うまくコレクションして飾ったりする自信もないのでグッズは集めていませんが、いろいろあって、見ているのはなかなか面白かったので、ちょっと記事にしてみました。

続きを読む
posted by kmy at 15:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

両面鏡

 5巻でハリーは「それが何であれ、決して使わないだろうと思った」(5巻下P166)としまいこんでしまった両面鏡。シリウスはアーチを通っていたたとき持っていなかったのかもしれない(5巻下P679)とハリーは考えていました。この鏡は今後も何か重要な場面で役に立ちそうな気がしますが、アーチの向こう側がどうなっているのか謎であるので、それが使えなかったのかもしれません。でも、実際のシリウスは「持っていた」と思います。あれだけハリーのことを考えていたシリウス、ハリーが連絡を取りたいときはいつでも、と持ちあるいていたに違いない、そう思います。いつでも、いわば携帯電話のような感じでシリウスは持っていたと思うのです。
 ハリーに危険が迫って魔法省に向かう途中、もしかしたら、シリウスの方から鏡を取り出して連絡を取ろうと覗きこんだかもしれない――と思いました。魔法省に行ったというハリー、なぜ自分に連絡はくれないのか、何が起こったのか? シリウスとしてはハリーがたぶん常に持ち歩いてくれていると思っていたように感じます。もし、連絡を取ろうとしたら鏡が感知して光るのか、熱くなるのか、そのあたりはよくわかりませんが、とにかくわかるのでしょうね。シリウスがハリーに連絡を取ろうと試みたなら、応答がない鏡をシリウスは見つめていたかもしれません。ハリーが持っていないのはたまたま、と思ったかもしれないけども、持っていなかったこと、なんだか自分だったらきっと引っかかってしまいそう。なんだか悲しいなあ。

 7巻で両面鏡は登場するのでしょうか? あれで終わりということはないと思います。何か役立つのではないか、しかもやはりシリウスに関係があることに使われるのではないか?と希望を持って7巻を待っています。
posted by kmy at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 物語世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

狼人間、ビル、ルーピン

 さてさて、気になるのは狼人間についてです。ビルは6巻ラストで狼人間フェンリール・グレイバックによってひどい傷を負いました。
「(略)ところが、連中は通常の社会を避け、周辺で生きてきた。盗んだり――ときには殺したり――食っていくためにね」
6巻下p20

 6巻で狼人間の社会、もっとも凶悪な狼人間グレイバックのやり方などが明らかになりましたが、ビルの場合だけは特殊な例となってしまったようです。満月ではなく、変身していなかったグレイバックに噛まれたため、完全な狼人間にはならなかったのです。しかし「狼的な特徴を持つ(6巻下P447)」とルーピンがいうように、ハンサムだった顔はひどく切り裂かれて不気味になり、ムーディに似ているらしく、ステーキのレアを好むようになったといいます。

続きを読む
※コメント・TBについて
内容に関係のないコメント・TBは予告無く削除します。ご了承ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。